ぴあすの口腔ケアドットコム

訪問歯科衛生士のお話しです。共感して貰えるかな。

歯がない人でも口腔ケアは必要だよ!!訪問歯科衛生士が詳しく説明します。

 

こんばんは!(^^)!

 

引越しで、しばらくブログができていませんだしたが今日から再開です。

 

引越しって、久しぶりでしたが本当に大変ですよね~(+_+)

 

体力がギリギです。

f:id:piasu100:20200331222345j:plain

 

今日は

歯がない人でも口腔ケアは必要だよ!!訪問歯科衛生士が詳しく説明します。

についてお話しします。

 

 

歯がないのに口腔ケアっているのかな❔なんてお悩みの方は是非読んでみてくださいね~(^^)/

 

[もくじ]

・歯がない人に口腔ケアが必要な訳

・器質的口腔ケアと機能的口腔ケア

・歯がない人は唾液の力が需要

・歯がない人への口腔ケアの重要性はまだまだ伝わらない

 

 

歯がないのに口腔ケアが必要な訳は‥

 

歯がなくても口の中は汚れだらけだからです。

 

よく噛んで食事のできない人・唾液の分泌量が少ない方・口をあまり使わない方は汚れやすいです。

 

また

高齢者や寝たきりの方で上手にうがいのできない人などは

 

口腔前提(ほっぺたと歯茎の間)に食べカスが残っている方も

 

結構います。

 

うがいができるって、とても大事なことです。

 

f:id:piasu100:20200331222059p:plain

 

 

また、他に気をつけて欲しいのは舌の汚れです。

 

↑ここ見逃している方 結構います。

 

 舌苔(ぜったい)のケアは絶対必要です!!(シャレではありませんW)

 

舌苔がたくさん付着していると

 

『誤嚥性肺炎』の危険性が高まるからです。

 

大切な事は

舌苔は強くこすってもおちません!!特に舌の上の痂疲は!

 

舌苔はたんぱく質なので、

低刺激の歯磨剤と電動歯ブラシを使ってみましょう。

 電動歯ブラシは安いものでも大丈夫!!

 

 

 

器質的口腔ケアと機能的口腔ケアとは‥

 【器質的口腔ケア】

簡単に言うと、歯・粘膜・入れ歯などのお掃除のこと

 

【機能的口腔ケア】

器質的口腔ケアと併用して、リハビリなどをする事ですね

  

詳しく説明すると、

器質的口腔ケアはブラッシングなどで、歯周病や虫歯予防

また、舌や粘膜のケアをして汚れを取り除くことが目的になっています。

 

歯科衛生士が行うのは器質的口腔ケアの中でも

専門的口腔ケアです(^^)/

 

機能的口腔ケアは歯のお掃除もしっかり行いながら

 

お口の周りの機能を維持していく為に行うリハビリです。

 

歯科衛生士にもできるリハビリは沢山あります。

 

f:id:piasu100:20200331232229p:plain

 

まず、間接訓練から行うと良いかもしれません。

 

訓練にも色々あります。

・舌の訓練

・頬の訓練

・口唇の訓練

・舌骨上筋を鍛える訓練

・呼吸の訓練

などさまざまです。

 

また、訓練以外にも

・唾液腺マッサージ

・小唾液腺マッサージ

 (口唇腺・臼歯腺・舌腺・頬腺・口蓋腺・舌口蓋腺)

・頬のマッサージ

・舌のマッサージ

などマッサージも沢山あります。

 

勉強してみて高齢者の方へ訓練をしてあげて下さい。

 

ここでもう一つ大切なことは、無理強いしないこと

気持ちよくなるように

心がけることです。

 

私は個人的に舌の訓練をよく行います。

 

食べたり、お話したりするには舌の動きはとても大切なので

 

高齢者の方が楽しくできるように工夫しています。

 

 

歯がない人は唾液の力が重要とは‥

唾液の力についてまずお話しします。

唾液って沢山の需要な働きを担ってくれています。

 

口腔ケアの勉強に行くと、耳にタコができるくらいに

唾液についてのお話しがあります。

 

唾液の働き

【抗菌作用】

【粘膜保護作用】

【消化作用】

【潤滑作用】

【溶解作用】

【緩衝作用】

などと多岐にわたります!!

 

高齢者の方は薬を沢山服用している方が多いです。

 

f:id:piasu100:20200331232638p:plain

 

薬の副作用には唾液の分泌量が低下し、

口の中を乾燥させる薬も多くあります。

・利尿剤

・降圧剤

・向精神薬

・抗ヒスタミン剤など

 

 

お口が乾いてくると

・口の中が汚れやすくなったり

・口の中の粘膜が痛くなったり

・食べ物が飲みにくくなったり

・口臭が出てくる

・喋りにくくなるなど

 

と色々と症状がでてきます。

なので、お口の中において唾液は必要不可欠なのです。

 

食べることにおいては、唾液がしっかり出ていると

食塊形成ができ食べ物が飲み込みやすくなります。

 

人口唾液などもありますが、個人的にはあまり効果は感じられません。

 

また、

高齢者の方で、あまりお口を使わないような方は

オーラルフレイルになっているなと感じる事もあります。

 

オーラルフレイルについては↓↓

 

www.piasu-okuchicare.com

 オーラルフレイルっぽいなと感じたら

 

訓練やマッサージをお勧めします

 

歯のない人への口腔ケアの重要性はまだまだ伝わらないについて

 個人的に感じていることですが、歯がなかったら口腔ケアはいらないでしょっ

 て思ってる方の方が圧倒的に多いと思います。

 

特にご家族の方にはに伝わりにくい(´・ω・`) 説明もわるいのか~。

 

舌がけっこう汚れているのに、口腔ケア終了となると

 

『ちーーーーーーん』となってしまいます。

 

無力さを感じます。

 

いや、まだまだ無力です。

 

 訪問歯科衛生士として、口腔ケアの重要性を

もっとしっかりと伝えていかないとなっと日々感じています。

 

 今日も読んで頂き、ありがとうございました。

f:id:piasu100:20200207194154j:plain